よくあるご質問

よくあるご質問

みなさまより、p!ntoに関してお問い合わせをいただいているご質問の中で、よくあるご質問をご紹介いたします。

使用方法など

床などに直接置いて利用出来ますか?

やわらかいクッション素材ですので、p!nto単体で利用はできません。
座椅子などではご利用いただけます。

1日何時間まで座って良いですか?

利用時間の制限はありません。自然に長時間座れるのでいつも通り、いつもの時間ご使用いただけます。

どんな椅子で使えますか?

オフィスチェアー、ダイニングチェアー、ソファー、座椅子、学習椅子、バス、新幹線など背もたれのある椅子ならどこでも使えます。

自動車でも使用はできますか?

自動車でもたくさんの方にお使いいただいておりますが、自動車自体のシート形状によってはフィット感が少なくなってしまうこともあります。

リクライニング式の椅子でも大丈夫ですか?

p!ntoは柔らかいクッション素材でできていますので、リクライニング式の椅子でもご利用いただけます。椅子の角度を問いません。

椅子が背と座の間があいていますが大丈夫ですか?

オフィスチェアーなどのように背と座の間があいているタイプの椅子でもご利用いただくことができます。背もたれが無い椅子でのご利用はできません。

相性の悪い椅子はありますか?

 ① 背の部分の反りが強い椅子の場合、背中の支えが少なくなる場合があります。
 ② 背の部分の横アールが強い場合、背中が圧迫されて窮屈になる場合があります。
   (タオルなどで和らげることはできます)
 ③ 座の部分の凹凸が激しい場合、フィット感が損なわれることがあります。

クッションの厚みはどのくらいですか?

0.5~2cm程度です。p!ntoに座ると椅子に深く腰掛けるため、足が床から離れ浮いてしまう場合があります。オフィスチェアーなど高さを調整できる椅子は調整をしてください。また、必要に応じて足台などをご利用下さい。

常に背中にもたれる必要がありますか?

常にもたれる必要はありません。前屈みになって食事やパソコンをするときも身体を前に動かしやすく、手も伸ばしやすくなります。前屈みになっても背中は無理無く良い姿勢のままで、お仕事などをしていただくことができます。どれだけダイナミックに動いても、再度背もたれにもたれるだけで簡単に正しい姿勢に戻ることができます。

浅く座ると効果はないですか?

出来るだけ深く座っていただくことで、しっかりと身体が支えられるようになります。浅く座るとフィット感なくなり、違和感がでてくるため正しく座り直す習慣が身に付きます。

仕様について

どのくらいの耐久性がありますか。

JIS規格の試験(圧縮特性評価及び繰返し圧縮試験)では8万回の圧縮で約4%の厚さの低下のみという非常にヘタりにくい素材でできています。公共交通機関の椅子などでも使用されている素材です。

木の椅子に置いても滑りませんか?

座面はしっかりとした滑り止めがついていますので、布でも革でも木の椅子でも滑りにくくなっています。

お手入れはどのようにしたら良いですか?

カバーは取り外して洗濯機で洗うことができます。
中のクッションは洗濯出来ませんが、お手入れなどは基本的には不要です。

背と座、上下の見分け方はありますか?

座面の裏は黒色の滑り止めがついています。背面の裏は他の部分とおなじメッシュ生地になっています。

その他

他のクッションとの違いは?

これまでの姿勢サポートクッションは座面だけのものが多いのですが、座面だけクッションの場合、無理に身体を反らしてしまい良い姿勢を作ろうとして腰に違和感を感じることも多いようです。p!ntoは身体で重たい場所を支え快適に過ごすことが出来る世界初エスリーム技術によって作られています。だから長時間座っても「頑張らなくても、楽して、無理なく、無意識で」快適な姿勢を保つことができます。

腰痛が治りますか?

医療機器ではないので、治療を目的としたものではございません。
ただ購入されたたくさんのお客様の声として「マッサージに行く回数が減った」「長時間座っても楽!」「座ってても疲れない!」という感想を頂戴しております。

どんな方が購入されていますか?

いろんな世代の方々が購入されています。
会社で1つ購入すると両隣のデスクの方が、家族で1つ購入すると家族みんなが欲しくなるため非常にリピート率の高い商品です。

姿勢が良くなりますか?

p!ntoに座ると、骨盤ー脊柱ー肩ー頭の正しいラインが整います。このラインが習慣化すると立った時の姿勢も整います。腹筋も働きやすい位置になるため、お腹周りもスッキリです!

値段が高くないですか?

カバーも中のクッションも日本で製造しております。
クッションにピタッとフィットするようにカバーは7枚の布を縫い合わせた立体縫製になっています。
ウレタンも非常にヘタりにくいものを使用しておりますので、この値段になっています。

  • p!nto
  • p!nto Air
  • p!nto kids
  • p!nto driver
  • p!nto beauty
  • p!nto SOUSOU
  • p!nto MoldSeat
  • p!nto school
  • エスリーム技術
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 開発コンセプト
  • 野村寿子Webサイト
  • ONLINE STORE